気づいてからじゃ取り戻すのが大変です!

私は今年で31歳になります。
20代前半の頃は呑んで朝帰りして化粧を落とさず寝てしまうなんてこともしょっちゅうだったのですが、肌荒れもなかったし、特別にケアするなんてことはしてませんでした。
ただ5月から11月まで日焼け止めを塗る。
それ以外は普通のスキンケアをしていました。
27歳になった頃から、化粧を落とさないで寝た次の日に吹き出物が出来たり、生理前にきびがひどくなってきたりして、おやおやと思ってたんです。
にきびや吹き出物に慣れてないものですから、対処法がわからず、触りまくったりつぶしたりしてたんです。
その仇が30歳になって突然やってきました!
吹き出物の後が頬に出て来てしまってたんです!
自分は肌荒れあまりしないほうと思ってほっておいたのがいけなかったんでしょうか。。。
クレーターはもちろん、赤黒いしみになってしまっているものも多数発見しました。
たぶん、前からあったんだと思います。
でも肌荒れしない自負がずーっと残ってたので、そんなに気にして鏡をみなかったんでしょう。
今では毎朝鏡で自分の顔の隅から隅までチェックするようにしています。
そうすると、毛穴の開きだったり目元の小じわだったりっていうのにどんどんどんどん気づきはじめて、今からにきび跡ケアやしわ消しとかに励んでます。
もう遅いとは思いつつ、これ以上自分の肌が悪くならないように日々気をつけるようになりました。
20代からしっかりやっておけば…といつも後悔します。
こんなにいろいろなケアをしないといけないということは、お金もそれなりにかかりますし、時間もかかります。
以前は化粧落として寝るだけだったのが、ちゃんと化粧水、美容液、乳液をつけて、顔の筋肉がかたまらないように、噂の造顔マッサージをして、週に1度はパックして。
お肌には睡眠が大事といわれてますけど、睡眠の時間を削ってまでしなきゃいけないケアもあるんです!
すごく疲れて帰って来て、もう本当にそのまま寝てしまいたいときも、ふんばってゆっくりお肌のケアをしてから寝るようにしたり。
年齢を重ねるごとにお肌はきちんと老化していきます。
今のケアが10年後の肌を作るとも言われています。
1日さぼっただけで3ヶ月老けると思ってます。
「美は1日にしてならず」ということばがひしひしと胸にしみる今日このごろです。
10年後の自分のためにも、毎日頑張ってお肌のお手入れ続けていきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です