眼鏡ふきで毛穴をケア!?

顔の毛穴が気になります。

これが気になりだしたのは、20歳を過ぎたころだったと思います。年下の男の子と付き合っていた時に、私の方が気穴が目立つと思ってしまったのです。
それ以来しっかり化粧していても毛穴が気になって仕方なくなりました。

年齢が表れるのは、1番に毛穴だと思います。毛穴と言うのは重力に負けてすぐに下に長く伸びて行ってしまいます。それがたるみです。
きれいにキュット引き締まっていたはずの毛穴は年齢と共に開き始め、きれいな丸が下に長い楕円になっていくのです。

楕円になると、当然毛穴は目立ってきます。それを化粧で隠そうとしても、その毛穴の中にファンデーションが入り込み、さらに毛穴を広げることになってしまいます。
その汚れをきれいに除去しないと、今度は毛穴が詰まって、その汚れが黒ずみ、くすみになっていくのです。
私の鼻の頭はまさにそのような状態です。

黒ずみがぷつぷつとイチゴのようになっています。これは目立つのでとても嫌です。
これを除去するためにいろんな方法を試しました。

その中で1番良かったのは、眼鏡拭きです。このメガネ拭きと言うのはとてもきめ細かく作られています。それで顔を洗うと本当に小さな毛穴の中まできれいに掃除してくれるのです。
気を付けなければならないのは、ごしごし洗いすぎないことです。洗いすぎると肌を傷めてしまいます。

きれいになった後、しっかり毛穴を引き締めるために、冷たい化粧水でパッティングしておきます。それでだいぶ肌のキメも整ってきたように感じます。
参考 毛穴洗顔 

ウォーターサーバーで感動したり、悩んだり。

初めてウォーターサーバーを身近に感じたのは、ある日遊びにいった友人宅にウォーターサーバーが置いてあり、こんなものがこんな身近になったのか!?と思ったのがウォーターサーバーを身近に感じた出来事でした。
それまでの私がもつウォーターサーバーのイメージは会社やお店で使うものというイメージでした。
友人宅で改めてウォーターサーバーからお湯がすぐに出る事に感動。自分の家にも…と何度も考えましたが、置き場所が定まらない。
なかなか場所をとるアイテムだぞ…。と、何度も契約しようとしては思いとどまる事がありました。
また、ウォーターサーバーを進めるスタッフの方が【化粧水としても使ってもいいですよ〜】なんて謳い文句を言うものだから、胡散臭さが倍増してしまった…。
ペットボトルのお水は口をつけて飲んだら当日で飲みきらなければ雑菌が繁殖する。口をつけずにコップに注ぎながら飲んでいるペットボトルは冷蔵庫に入れて一週間程度で飲みきるように。といういつ聞いたか忘れてしまったこの知識が我が家へウォーターサーバーを導入するのを躊躇させる一因でもある。
冷蔵庫に入れて保管するわけでもないウォーターサーバーのお水が一ヶ月近く経っても本当にキレイなの?と疑問が首をもたげる。
でも、世の中にすごく広まったアイテムだもの、きっとこんな私が思うような事は企業として解決しているはず!と、自分にいい聞かせ、友人宅で初めて身近にウォーターサーバーを感じてから約2年。
化粧水として使うかどうかはおいといて、お湯が出る感動を我が家でもそろそろ味わうつもりです。
参考 ウォーターサーバーおすすめ

鼻の黒ずみ対策を試したみた

私は鼻の毛穴の黒ずみに長年悩まされています。小学校高学年くらいから毛穴の黒ずみに悩んでいたように思います。そのころからいろいろ毛穴対策グッズを試しています。

まず初めに試したのが毛穴すっきりパックです。CMで角栓がニョキニョキ取れているのが印象的でした。私も試したらニョキニョキ角栓が取れて毛穴がきれいになるかもと思いました。初めて試したときはたくさん角栓が取れました。しかし、使い続けていると小さな角栓がほんの少ししか取れなくなりました。大きな目立つ角栓には効果がないようです。毛穴パック後は肌が乾燥してカピカピになります。効果が少なく乾燥してかゆくなるのでやめました。

次に試したのがスクラブ剤です。古い角質がたまっていると毛穴をふさいで黒ずみ毛穴の原因になります。毛穴の黒ずみをなんとか解消したいと毎日せっせとスクラブ剤で洗顔していました。しかし、これも効果が感じられません。後で知ったことですが、毎日スクラブ洗顔をするのは肌を傷つけて負担になるのでよくないそうです。

話題の泥パックも試しました。泥の小さな粒子が毛穴の中に入り込んで毛穴汚れを落とします。パック後、肌がワントーン明るくなって目立つ毛穴も少なくなりました。効果を実感できたのですが、使い続けていると肌がかゆくなります。せっかくよい商品を見つけたのに残念です。

いろいろ試したけど効果がない、肌に合わなくてよい商品に出会えません。毛穴がきれいになる肌に合うものがみつかるといいです。
毛穴黒ずみ洗顔

ダイエットと美肌づくりを成功させる夜の過ごし方

現在は、ダイエット兼美肌づくりに努力しているわたしです。両方共同時に並行して進めることで、相乗効果が期待でき、成功につながると思っております。そこで、一番大切に考えているのが夜の時間の過ごし方です。基本的に、夜の時間はひとりですごすことが可能な時間帯でもあるので、自分の思ったようにアレンジしやすいところもポイントです。積極的に取り入れやすい美容方法なのです。まず第一に、みなさんもご存知のように、22:00から02:00までの、いわゆるシンデレラタイムと言われる時間帯に、きちんと睡眠をとることをこころがけています。人間のメカニズム的に、このシンデレラタイムに、肌のターンオーバーが行われます。そのため、この時間帯にきちんと睡眠をとることで、美肌を保つことができます。そして、ホルモンバランスを一定に保ちやすくなるので、ダイエットしやすいからだ作りにもつながるのです。22:00前就寝に合わせ、20:00以降は、食事・飲食を一切禁止し、胃の消化活動をストップします。こういった夜の時間の過ごし方は、ダイエットと美肌づくりを並行して行うために一番大切なことだと思っております。シンデレラタイムに睡眠をとることと同時に、美肌づくりのためには、肌の水分量を確保したいと思うので、お風呂上がりには、保湿系の化粧水と、保湿系のパックを併用しています。また、就寝時にも、肌の乾燥は進んでしまうので、就寝中の保湿も重要です。わたしは、アロマつきの加湿器をつけています。お気に入りの香りのアロマオイルを入れた加湿器は、リラックスした睡眠を届けてくれます。加湿器がない場合は、小さいお鍋にお湯を沸かして、枕元に置いておくのも良いと思います。こんな夜の過ごし方で、ダイエットと美肌づくりを成功させましょう。

気づいてからじゃ取り戻すのが大変です!

私は今年で31歳になります。
20代前半の頃は呑んで朝帰りして化粧を落とさず寝てしまうなんてこともしょっちゅうだったのですが、肌荒れもなかったし、特別にケアするなんてことはしてませんでした。
ただ5月から11月まで日焼け止めを塗る。
それ以外は普通のスキンケアをしていました。
27歳になった頃から、化粧を落とさないで寝た次の日に吹き出物が出来たり、生理前にきびがひどくなってきたりして、おやおやと思ってたんです。
にきびや吹き出物に慣れてないものですから、対処法がわからず、触りまくったりつぶしたりしてたんです。
その仇が30歳になって突然やってきました!
吹き出物の後が頬に出て来てしまってたんです!
自分は肌荒れあまりしないほうと思ってほっておいたのがいけなかったんでしょうか。。。
クレーターはもちろん、赤黒いしみになってしまっているものも多数発見しました。
たぶん、前からあったんだと思います。
でも肌荒れしない自負がずーっと残ってたので、そんなに気にして鏡をみなかったんでしょう。
今では毎朝鏡で自分の顔の隅から隅までチェックするようにしています。
そうすると、毛穴の開きだったり目元の小じわだったりっていうのにどんどんどんどん気づきはじめて、今からにきび跡ケアやしわ消しとかに励んでます。
もう遅いとは思いつつ、これ以上自分の肌が悪くならないように日々気をつけるようになりました。
20代からしっかりやっておけば…といつも後悔します。
こんなにいろいろなケアをしないといけないということは、お金もそれなりにかかりますし、時間もかかります。
以前は化粧落として寝るだけだったのが、ちゃんと化粧水、美容液、乳液をつけて、顔の筋肉がかたまらないように、噂の造顔マッサージをして、週に1度はパックして。
お肌には睡眠が大事といわれてますけど、睡眠の時間を削ってまでしなきゃいけないケアもあるんです!
すごく疲れて帰って来て、もう本当にそのまま寝てしまいたいときも、ふんばってゆっくりお肌のケアをしてから寝るようにしたり。
年齢を重ねるごとにお肌はきちんと老化していきます。
今のケアが10年後の肌を作るとも言われています。
1日さぼっただけで3ヶ月老けると思ってます。
「美は1日にしてならず」ということばがひしひしと胸にしみる今日このごろです。
10年後の自分のためにも、毎日頑張ってお肌のお手入れ続けていきたいと思います!

綺麗のためには努力が不可欠

最近はヒアルロン酸だとか、コラーゲンだとか
様々な成分を謳っている化粧品も多いですよね。
また老舗のちょっと値段の張る化粧品メーカーも多くあり、
美容を気にする女性にとって、たくさんの選択肢から自分に合うものを選ぶことが出来る素敵な時代だと思います。

ですが、化粧品ばかりに気を取られていないでしょうか?
確かに良いものは良いですし、効果も十分に期待できるでしょう。
でも自分に合う化粧品以上に大切なモノを忘れている人が多い気がします。

それは睡眠です。
体調が悪い時にはどうするでしょうか?
必要であれば薬を飲んで、あとはゆっくり眠りますよね。
肌だって同じです。
自分に合った化粧品を使用して、あとはゆっくり眠ることが大切なのです。

肌も体の一部なのですから、眠ることで良くなっていくのは
考えてみれば当然のことなのです。

今までは22時から2時の間が、肌のゴールデンタイムという話をよく耳にしましたが、
実際は入眠後3時間から4時間くらいの時間が大切だそうです。
質の高い睡眠を取って、しっかりと肌を休めましょう。

また、たくさんの化粧品を使用するというのもあまりオススメできません。
これは薬と同じことです。
体調を良くする薬であったとしても、適量以上を摂取すれば
それはたちまち体にとって毒になってしまいます。

かならず化粧水や乳液、美容液など、
その化粧品を開発したメーカーがおすすめしている適量というものがあります。
この適量を守って使用するのが、1番肌に良い使用方法です。

この2つを守って、毎日を過ごしてみてください。
一気に全てが思い通りになることは難しいですが、
かならず理想の肌になっていきます。
忙しい中で大変なことですが、努力を惜しまず、ますます綺麗になりたいものです。